mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

どん底を味わって見えた光

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
林 拳人 Kento Hayashi
大学
京都産業大学
内定先
レバレジーズキャリア株式会社
プロフィール
株式会社旅武者インターン、関西逆求人

まずは自分で動きました

就活を始めてから承諾までどのような就活をしていましたか?

「とにかくやってみるスタイル」でやっていました。具体的に言うと、Goodfindやサポーターズ、先輩たちが開催している講座、GD対策、面接対策、フェルミ推定、合説などにまずはたくさん参加して「就活ってそもそも何?」という疑問を解決しました。
その後、国内外の"キツそうな"サマーインターンに参加し、経験値を積み本選考へと進む流れでした。本選考の中では、バリ活・Goodfind・逆求人・マッチャー・サポーターズといった"お金がもらえる"+個別面談を設けてくれるサービスをとにかく使い倒しました(笑)「就活はお金がかかる」といいますが、僕は逆に稼ぎにいっていましたね。

先輩を頼らず自分で動いたのは何か理由があるんですか?

大学内で就活に対する意識が高い人が多くなかったのが関係しています。
あと、もう1つ。実は2回生の終わりに一度起業しようと思ったことがあるんです。しかし、実際起業している方とお話できる機会があって、その人の話を聞いていると考えが結構甘いことに気づかされたんですよね。それで「まずは社会に出た方が良いのではないか」という感覚になり、就職活動を早めからやり始めるようになりました。早めに動いて早く終わらせて自分のやりたいことに打ち込む時間を作りたかったんです。
起業に関しては、人材業で何かしてみたいと思ったのですが、具体的に絞り込めなかったので、どんな会社が世に存在するのか。学び姿勢でいろんな会社にアクセスするようにしていました。

20社くらいの個別面接を組んでもらいました。合同説明会だと、どうしても自分の聞きたい情報を全部聞くことができないので、個別で時間を設けていただいて毎回みっちり自己分析や会社の説明会では聞けない詳しいお話をお伺いすることにしました。たまには怒られたりもしましたが、直接社会人の方にフィードバックを頂けていたので、すごく貴重な時間になりました。
ここで大切にしていたのは、自分の軸を最初から持ちつつそれを強化していく、といったスタイルを貫いたことですね。
あと、その際に自分の中で仮装企業を作って、そこに当てはまる会社というのを探す意味でも個別面談等通してとにかく多くの会社に触れていきました。

過去の経験から

どういった会社選びの軸を設定していましたか?

社風、若手の裁量権、会社のフェーズで会社選びをしていました。そもそも入りたい会社の理想像というものが頭の中にあったので、その理想像に最も合う会社を探し、受けていったというスタイルでした。特に人材業を中心に見ていました。

なぜ人材業を?

原体験に基づいています。実は、僕はフリーターをしていた時期があったんです。

高校卒業後、はじめは専門学校に行ってたんですが、一年で止めた経験があって。当時は本当に死にたくなる気持ちが強かったんです。そのあと、しばらくフリーターをしていたのですが。「今後自分がどうなるか」が全く見えないばかりか、周囲にいる同じ境遇の人たちも特に夢を持つこともなく、だらだらと生活しているのを目の当たりにしていたのですごく危機感を感じました。
とはいえ、フリーターの身で何もできずにただ考えるだけの時間で本当に苦しかったんです。その状況をどうするか必死に考えて考え抜きました。「大学に行かなきゃ」と思い立ったそこから、必死に勉強して何とか大学合格を勝ち取ることができました。
ただ、もしこの時にキャリアコンサルタントみたいな立場の人に出会えたら、僕みたいな境遇の人に出会っていろんな選択肢を提供できるんじゃないかなと思い始めました。

こういう原体験があるからこそ、「人」へのこだわりを持って就活に行っていました。

就活通して、人材業界に偶然出会い、ここだと思って就活していた!

なるほど…では、その経験から選ばれた3つの軸とは?

社風、若手の裁量権、会社のフェーズの3つのうちで、特に社風とフェーズは注視しました。
若手にどれだけ仕事をやらせてもらえるか。短期間でいかに早く実力をつけられるか。
だから、フェーズも会社の起業から間もないタイミングの会社を中心に受けていました。まだ完成され切っていない環境で自分たちが作っていくんだ、という処に重視していましたね。
あとは…大事なことなんですけど、せっかくなら男女比が同じという点ですね。モチベーション上がりやすいかな、と思って。不純かもしれないですけど。

そうやってこだわりを多く作った中で、先ほどお話しさせて頂いた仮想企業は、130社見た中で、足を運んでみて回ったのが50社、そのなかで実際に合うと思ったのは6社でした。かなり絞り込んだ上で、実際の選考に進んでいきました。

社員の存在が決め手

最終的に今の内定先に承諾した要因は何ですか?

「この仲間たちと共に事業を起こし、社会に影響を与える」という思いで今の内定先に決めました。
他の内定先も凄く良く、どうやって比べるかと思ったときに、今の内定先が一番いいと思った点が、とにかくお会いした社員さん15人全員頭のレベルが高かったんです。
将来やりたいことを実現していく上で、まずは吸収すべきことをこの先輩たちからだったら存分にいただくことができるなと感じましたね。

ちなみに、内定者は50名です。2年目なのに新卒は相当割合を占める形になっていて、新卒に任せるスタイルを表面上でもしっかり示しているのが気に入りました。
他にも、会社のことについて良い面悪い面を全て話してくれたことで、惹かれたというのもあります。面接の中でも、表面上だけでなく掘った質問で自分を知ってくれようとしてくれていて好感度もあがりました。

「人」の点以外での要因はありましたか?

2つあります。インターンで知った会社で結構採用等が上手な会社があったんです。ただ、他社を貶して自社を褒めるスタイルで就活生に進めてきたのは、正直気に障ったので途中で諦めをつけました。なんで他社を貶める必要があるのか。僕は不思議で仕方がなかったですね。そのインターン自体は新規事業立ち上げ等に関わることができたのすごく充実していましたが…

でも、人材業志望だからこそ、「人」を重視して選ぶしかないな、と改めて感じました。

もう1つは、内定先はジョブローテでいろんな部署を経験できるので、何を扱っているとかいうよりもどういう仕組みで学べるかを短期間で社内で経験できる点です。あと、レバレジーズ本体への異動も可能なのでもうここしか自分の仮想に当てはまる最適な環境はないんじゃないかと思いましたね。

できないなら自分でやる

学生時代に注力していたことを教えてください。

3つあります。1つは、2年次に立ち上げ運営していたイベント系の学生団体。2つ目は、ベトナムでの海外インターンシップ"海外ビジネス武者修行プログラム"。もう1つは、その武者修行を日本で広めるための旅武者という会社での長期インターンシップです。

どんな団体なんですか?

国際交流等をメインにした、「楽しそうだ」ではなく「楽しかった」をコンセプトにしようと心掛けて作った団体です。
今は後輩に譲って格好良くいうと顧問的な存在として、団体には携わっています。

作り始めは、1回生時に入っていたESSでの経験がきっかけです。ここはすごくお堅い団体だったんですよ。変化を好まず前例を大事にする団体だったので、どうしても友達とともに新しいことをしたい、という不満があり、1年で抜けて団体を立ち上げることに至りました。

これにはフリーター時代の原体験が強く関わっているんですが、「できないなら自分でやる」という精神が団体設立を奮い立たせましたね。それである程度上手くいったので、将来起業もしたいな、と思うようになりました。
ちなみに、設立は上手くいっても、マネージメントに結構苦しみました。自分で賄える範囲の人数を大きく超えた時に、全員のモチベーション維持をどう図るか等でかなり悩みましたね。

ただ、マネージメントの難しさを学んだことで、逆に「もっと勉強したい」と思い立ちベトナムでの武者修行参加を決めました。そして僕の中ではベトナムでの経験を経た後に、国内でインターンに携われたことがより一層成長を高めてくれましたね。

仕事内容として、広報等も含めて新規開拓を続けていき、武者修行プログラムへの学生確保につなげていきます。広報の甲斐があったのか、今年の夏には300人近くの学生がベトナムで修行するということになっています。

大切にした「自分」

就活全体を通して意識していたことがあれば教えてください。

「自分らしく、ありのままで」というのは意識していました。就活時期になると皆さん急に夢を作り出すし、変に良い人になろうとしますよね…僕はそんなことどうでもよくて、「自分がやりたいことを正直に語り、ありのままの自分に共感してくれるとこに行く」というのは常に意識して活動していました。

これは、周囲を見て強く思ったことだったんです。多くの人が就活用に自分の夢などをわざわざ作り出して面接で語っている姿を見ていて、それだったら自分の話したいことを全て話そうと思いました。落ちた会社もあれば通った会社もあるので、社員さんとともにお互いに納得できるような会社に入ることが一番いいのではないかと考えて面接には挑んでいました。

どういった方に共感されなかったですか?

大手の方にはあまり受けませんでした。割とマニュアル(どういう人物をとるべきかといった)に該当する学生を求めると思うので、学生が何を将来やりたいかというところをあまり重視しない会社も多く、そういう会社にはことごとく落とされました。でも、悔しさとかはなく、「合わなかったんだな」と前向きに考えることで、後腐れなく次の面接にも挑むことができました。

作って挑んだ会社に内定を頂いたりもしたのですが、後で「なんか気持ち悪いな」と思ってしまったので辞退しました。すっきりせずに通ってしまったので、やっぱし自分のスタイルを貫くのが大切だな、と感じました。

よく「ベンチャーこそ一番」みたいな方を見かけます。悪くない考えだとは思いますが、僕もそうだったように大手もベンチャーも見た上で、自分の判断基準に照らし合わせて探していくことこそが大事ではないかな、と思います。他人の意見を鵜呑みにせず人それぞれの感覚等があると思うので。

ほかに、就活中に意識していた具体的なことはありますか?

苦手なGD(グループディスカッション)の練習をとにかくしました。喋りたいことを喋ってばっかりではダメだったので、難しかったのですが、一緒にベトナムに参加したりした学生と練習できたりしたので、本当にいい仲間に巡り会えたと思います。

訓練の成果は、目に見えて現れて、一次選考のGDなどは面白いように通過できるようになりました。個人面接が得意だったので、GDという苦手を克服できたことも今回の就職活動のいい結果につながっているんじゃないかと思います。
特訓によって得られたのは、定義を定める大切さです。全員で冒頭に話し合って、方向性や課題の意味を揃える。面倒かもしれませんが、これなしでは建設的な議論は絶対にできません。昔は、勝手に1人で考えて自己解決しようとしていたので。それだったらうまくいくわけないですよね。

現場でこそ

就活において悩んだり辛かったりしたことがあれば教えてください。

特にないです(笑)常に楽しんで就活を行うことができたからです。もともと何かについて考えるということは好きだったので、今回はたまたまその対象が"林 拳人っていうやつだった"というだけでした。強いて言うなら、様々な業界の人と話し、知識が増えれば増えるほど選択肢が増えたということです。しかし、それも結局は原点回帰して"ありのままの自分がやりたいことってなんだっけ"というところにたちもどり、判断すれば辛いということは全くありませんでした。

ただ、同じ人材業界でも人材開発か人材紹介かどちらか、プレーヤーなのかアドバイザーなのか。その選択肢にはかなり悩みました。自分はどうするべきなのか、と悩んだ結果、プレーヤー気質だから事業会社にしようと決めました。

正直断った会社の方も理念等にすごく共感できて苦渋の決断だったんですけども、原体験に立ち戻って考えた時にそれも結局は原点回帰して"ありのままの自分がやりたいことってなんだっけ"というところにたちもどり、判断すれば辛いということは全くありませんでした。

これは就活に限らず、選択に困った時は常に原体験に立ち戻って冷静に考えるようにしています。

ちなみに、楽しかったこととは?

「かっこいい大人」がたくさんいることを肌で実感できたことですね。電車の中で疲れた顔している大人ばっかし見ていると、どうしてもイメージが良くないですが、現場でしっかり働かれている社員さんにお会いできたので、そのイメージを覆していただきました。

明確な夢を持って

今後キャリアを通して実現したいことを教えてください。

「やりたい!」って思ったときにすぐに実行できるような複数のスキル・職能をつけておくことです。具体的には人脈だけでなく、プログラミングスキルとWebマーケティングそして営業のスキルをつけていきたいと考えています。というのも僕は40歳くらいでアーリーリタイアをしたいと考えています。だからこそ、それまでは死ぬ気で働くし、その時々に応じたスキルをつけたいと考えています。

内定先の最初の仕事では営業やキャリアコンサルタントです。私が望んだ仕事ができるわけですが、それを一生やっていこうなんて微塵も思っていません。3~5年スパンくらいで職能を身に着けていって、独立したときに"林 拳人に頼みたい"と言ってもらえるような人になることです。

リタイアしたあとは、新興国でBARなどを開いてのんびり生活したいと考えています。そのあとに寺子屋みたいなのを立てて新しい人材交流の場などを提供したいな、と思いました。

最後に後輩に向けたメッセージをお願いします。

「天才にびびるな」です。僕の経験上、努力すれば報われるから、天才が近くにいてもビビるな。だけですね。

あと、確かに天才は特定の分野において強いだけであって、自分も得意分野を見つけて自信をつけて肩を並べる存在になって欲しいです。

(文・写真 今矢敦士)

Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう