mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

自分に正直に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
遠藤竜太 Endo Ryuta
大学
京都大学
内定先
株式会社フリークアウト
プロフィール
En-courage 〈エンカレッジ〉にて就活支援を行なっている

どんでん返しがあった就活

遠藤さんの就活の全体像を教えてください。

最初、ITベンチャーとコンサルを見ていて、DeNAとDonutsで悩んで、最終的にフリークアウトに決めました。

僕は今大学院に通っているのですが、学部生の頃は研究者を目指しており、研究室に入りました。でも研究者になる人とは、科学的な興味が強く、かつ知的好奇心が強い人が多いと知りました。その学術的な興味を突き詰めた先に新しいものを発見する職業です。しかし僕はそれを作ってどうなるのかなど、応用的なほうへの興味が強かったのです。そこで僕は研究者気質ではない、この道で生きていくのは厳しそうだということが、研究室に入って見えてきました。

そこで自分の特性に合ったところで新しいものを作りたいと思いました。その条件を満たす業界はどこであろうかと思った時に、技術が好きでしたから、まずITに絞りました。ITは技術の発展のスピードが速くて、特にITベンチャーは新しいものを作れるチャンスが多そうだと考えました。それと、理系の院生は文系就職としてコンサルに行ったら事業を作れるようになるという話を聞きました。
そこでITベンチャーとコンサルを中心に志望しだしたのが僕の就職活動の始まりです。


就活対策はコンサルとITベンチャー、両方やっていました。
コンサルの業界研究を進めていくと、DeNAの南場さんの「コンサルの知識は、会社を作るときに一ミリも必要なかった」という言葉を聞きました。また、自己分析を進める中で、外資コンサルタントの就活難易度が高いと言われているから見ていた部分もあったと気付きました。そこから、コンサルには、仕事としてコンサルタントをやりたい人がなるべきだと思いました。僕は、自分で事業を作りたいという部分が強いです。クライアントの問題解決をしたり、企業のお医者さんになることには惹かれませんでした。そのためコンサルは早々にインターンに合格した一社のみ行くことにして、他はITベンチャーに振り切ることにしました。

コンサルのインターンに行ってみてどう感じましたか?

予感が確信に変わり、自分には向いてないな、自分は違うなと感じました。
クライアントを納得させるためだけに、すべての可能性を見て潰していくことは、大切なことだと思うけれど、そのためにスピードが遅くなることに対して疑問を持ちました。
加えて、僕は自分で作りたいという思いを強く持っていたため、クライアントを納得させることが仕事のゴールになると、自分は苦しみを感じると感じました。
そうした考えから、コンサルタントを就職の選択肢から無くすことにしました。

インターンはどのくらい参加されましたか?

夏、秋冬合計で11社参加しました。1DAYは一社のみで、2~5DAYがほとんどでした。自分では数が多すぎたと感じています。

そのため8月9月はずっと東京にいました。インターンに行った目的としては、ITベンチャー界隈が実際どうなっているのかを知ることと、その企業のCEOや社長に会うことを掲げていました。ITベンチャーと一口に言いますが、とても大きいくくりだと思っています。DeNAとサイバーエージェントと、フリークアウトは、全然違います。その違いをちゃんと掴みたかったのです。インターンの一番の価値は、その企業のCEO達の考えを知ることだと考えています。普通のサラリーマンをやっていたら、何十年も掛けてやっと辿り着く考えに、数年で辿り着いた人たちがCEOというポジションにいると思っています。その考え方やビジョンに触れることで、自分のITベンチャーに進む理由も見えてくると考えました。

僕は割と世迷い人です。自分が何をしたいかはっきりとは分かっていませんでした。ITベンチャーは、普通に仕事としての身体的負担が大きいと考えています。合理的に考えると、まあまあホワイトな大企業に就職して、そこそこいい給料をもらって、幸せに暮らす道もあるのに、僕は自分があえてしんどい道を選ぼうとしているのか理由を突き止めたかったのです。CEOや社長は、そういう道を選んだ人ですから、その人達の考えに触れることで、その解が見えてくるかなと思いました。

それからどう絞っていったのですか?

ITベンチャーって、業界特化していることが多いです。それは成功するために当然の戦略と言えますが、僕はそれが好ましくないと考えていました。僕はどの業界がいいか決定出来ていませんでした。ゲームがいいのか、人材がいいのか、メディアがいいのか。しかし、インターンを通して、自分が好きなテクノロジーを使って、何かを作りたいという気持ちは確実になりました。でも、何を作りたいのかは思い浮かんでいませんでした。そこで、複数事業領域で成功しているところであれば、自分が作りたいものが分かったときに、一定普遍な成功できるスキルが身についていそうだと思いました。そこで、自分が見ている中で事業領域に関係なくサービスを成功させていて、事業領域にこだわらない会社は、DeNAとDonutsでした。内定をもらって、どちらを承諾するか迷っていました。その当時は、DeNAは規模が大きい分、インパクトの大きいことが出来ると考え、DeNAを選択していました。

でも、それで遠藤さんの就活は終わらなかったんですよね。

フリークアウトに出会ったことが本当に偶然です。一切行く気が無かったのですが、お世話になっているエンカレッジという就活支援団体の理事長の人に、フリークアウトの説明会の前日に「行ってみたらいいじゃん」って言われたことがきっかけです。僕はDeNAに行くと思っていましたが、たまたま暇だから行きました。そのままインターンが決まりました。インターンはすごく面白かったです。フリークアウトはインターンのパフォーマンスで内定が出るから、面接とかなく、内定を頂きました。DeNAの内定承諾した後でした。でも最初は、プロダクトが完成されているフリークアウトで事業創造人材になれるイメージが無かったので、入ることに全く興味がありませんでした。でも、COOの佐藤さんと会ってみることにしました。会ってみると、フリークアウトは自分が思っていたフェーズとは全然違うのだと知りました。広告業界ではもう一定のシェアを獲得しているため、これからその事業で蓄えたキャッシュを使って、新規事業を起こしていくフェーズだと知って、興味が湧いてきました。


このフェーズの企業は他にもありますが、僕はもともとフリークアウトの雰囲気と人と、事業形態が好きでした。尊敬しているエンカレッジの創始者の人が、フリークアウト出身で、その人の影響を強く受けていますので、フリークアウトの考え方はすごく自分に刺さるものがありました。事業形態は、テックカンパニー、技術ドリブンだと公言しているところが結構好きです。DeNAとDonutsを選んでいたことは、すごく合理的で、自分のやりたいことに対して必要な道を選択出来ていました。でも、その合理性は、フリークアウトでも担保出来ると思っていて。細かい理由はいろいろあるけれど、自分が一番頑張れる環境を選択しようと思いました。最終的に、自分の好きなフリークアウトで、自分がやりたいと思っていることが出来ると知りました。この会社で頑張りたいという思いを抱きました。

就職活動の中で生まれた新たな軸

では就活の軸は、一貫して変わらなかったのですか?

変化はありませんでしたが、追加はありました。
DeNAとDonutsを選択した段階では、事業創造出来る人材になれるかどうかが私の軸でした。
しかしフリークアウトの話を聞いて、自分が好きな場所かどうかという軸が加わりました。他の会社も結構好きです。ほかの会社でも頑張れる自信があります。しかし自分に刺さる些細なポイントがフリークアウトには多くて。この人たちと一緒に働きたいと思い、決めました。

事業創造人材になりたいのはなぜですか?

僕は、使ってくれる人に、価値を届けたいというのがあって、それに一番近いのが事業だとおもっていて。起業は事業をやるための環境を整えることで、開発は事業の中の一部でしかないから、価値を届けるために事業をやりたいと考えています。

なぜ価値を届けたいのですか?

僕はオンラインゲームに救われたと思っています。僕は静岡のただの中学生でしたが、インターネットを通してつながりが出来て、メイプルストーリーのランカーになるぐらい熱心にプレイしていました。メイプルストーリーを作った人のおかげで、中学という閉鎖的空間のルールで閉じ込められていた僕が、世界と繋がることができて、楽しめていたため、僕もそういうものを作る人になりたいと考えました。

自分に正直になるということ

就活においてつらかった時期はありますか?

特定の時期はありませんが、自分は悩みをあんまり打ち明けないタイプですから、ずっと悩み続けてはいました。口では事業創造がしたいと言っていましたが、なぜそうしたいのかは明確に定義出来ていませんでした。その葛藤はずっと付きまとっていました。インターンではポジティブな面しか見えていなかったけれど、意思決定する時期には、責任を負うことに対して特に悩んでいました。サラリーマンのほうが楽なんじゃないか、など。就活の悩みというよりは、自分の生き方を選択することで悩んでいました。理系の院では推薦を受ける道もありましたが、それを断ってITベンチャーを選ぶことも、葛藤の一つでした。

答えがないから、辛かったです。

その悩みはどうやって解決したのですか?
始めは自分がなにをやりたいのか、どういう風に生きていきたいのかはよく分かっていなくて、それがはっきりしたのはエンカレッジの人が相談に乗ってくれたお陰だと言えます。一対一で傾聴を行ってもらい、道を示していただいたからこそ、自分の軸が明確になりました。唯一相談していたのがエンカレッジの人です。自分と就活をどちらも理解していらしたので、一番いい相談相手でした。辛いところを一番支えてくれたのはエンカレッジの人でした。

「選ぶ」苦しみがあったんですね。「受からない」ことへの苦しみはありませんでしたか?

始めは、自分を偽って面接で話していた時期があり、その時はめちゃくちゃ落ちていました。
それはPDCAを回して、すごい人と思ってもらうんじゃなくて、自分がどういう人間なのか分かってもらえるように話すように改善しました。そうしたら受かるようになりました。ストリートダンスで全国一位になった話をした前半の面接は全部落ちて、軸にもなったオンラインゲームの話をした後半は全部受かりました。落ちた時は納得感もありました(笑)自分のことを正直に話して、ちゃんと理解してもらった上で落ちたなら、合わない会社が一社明らかになったということで、それはとても良いことだと考えています。最終的に行く会社は一社ですから。

自分の就活をはじめからやりなおすとしたら、最初にフリークアウトに行くと思いますか?

全部のフェーズがないと、この意思決定に至っていませんから、このやり方でよかったと思っています。僕は会社に入ってからどう活躍するか、頑張れるかどうかは、決め方が大事だと思っています。決め方で、自分の考える深さが全然違うし、内定を蹴ったことは事実としても残るので、選んだところで頑張るしかないですね。

就活生に向けてアドバイスをいただけますか?

自分の人生だから、ちゃんと自分が歩みたい人生とは何かを考えて、自分に正直に、ファーストキャリアを選択してほしいです。かっこいいから、就職偏差値が高いからという理由で企業を志望する人は多いです。大学受験まではそれが正解でした。しかし就活は自分の生き方を決めることですから、どういう仕事をするか、プライベートの時間、付き合う人を考えた上で、自分が幸せになれる生き方を選択してほしいと考えています。自分を正直に話せば、企業はそれでマッチングを行ってくれますし、自分が幸せになれる就活が出来ると思います。
自分に正直になってください。


何度か名前を挙げましたが、エンカレッジという就活支援団体で自分も今活動をしています。
1対1で面談を行い、就活に関するサポートを行っています。
就活をしていて、もしくはこれから始める中で不安とか迷いがあるって人はよかったら利用してください。
エンカレッジ面談登録フォーム


Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう