mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

全部見て決めた私だけの道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
南 志穂 minami siho
大学
同志社大学
内定先
株式会社ファインドスター
プロフィール
女子学生団体belle

就活「失敗」したくない

南さんはいつ頃から就活を始めましたか?

3年生の春ごろからですね。
その時は就活で「失敗」したくないという思いが強くありました。

「失敗」ですか?

そうです。就活において自分が最善と思える選択をしたいと考えていました。

私の周りには学生時代も存分に楽しんで
社会人になっても生き生きと仕事をしているような先輩方と、
学生時代が1番楽しかったと言って仕事を楽しめていない両極端な先輩方がいました。

そのような状況をずっと見てきたので、自分の選択した結果を楽しめない、
つまり「失敗」するのは嫌だなと思っていました。

そうだったのですね。だから、3年生の春という早い時期から動き出したんですね。

そうですね、インターンにも興味がありましたし。
その当時は業界を絞らずに、色んな会社の選考を受けて、
最終的に人材の会社と不動産・広告の会社の合計3社のインターンに参加しました。

インターンに参加してみてどうでしたか?

不動産・広告の方は、ベンチャー気質も備えている会社だったので、
実際にベンチャー企業の雰囲気に触れられて良かったです。
また、集まってくる学生のレベルも本当に高くて
もう1段階意識を高くしないといけないと考えさせられました。

人材会社の方はその後自分が人材業界をみていくきっかけになりました。
自分の周りの両極端な先輩方を見てきて、
実際の仕事と自分の選択のミスマッチを解消したいという思いが実はずっとあったんですね。
それが人材業界なら出来ると考えるようになっていきました。

自分の本当の「軸」

その後は人材業界を中心に選考を受けていったのですか?

実はそうではなかったんです(笑)。
人材業界に惹かれている思いはあったのですが、
本当にこのまま他の会社や業界を見なくて進んでいっていいのかな
という思いが沸き上がってきたんですね。

仕事が原因で毎日を楽しめていない人のために働きたいと思っていたんですけど、
仕事だけが毎日の幸せを作っているわけではないな、という考えにいたってからは、
他の会社や業界も見てから決めようと思っていました。

また周りの人から、大手思考に見られることが多く、
実は自分が気付いていないだけで大手企業も向いているのかも知れないとも、
その当時思っていたので、
選択しようとしていた人材業界から一旦離れて視野を広げようと活動していきました。

ありとあらゆる規模の会社や業界を見てから決めようという考えにいたったんですね。

大手企業の情報解禁もされ始めた時期だったので、
学内セミナーに参加したりと、とにかく広く見ていきました。
そうすると、大手企業にもいいところはたくさんあって、ピンとくる業界や会社もあったんですね。

でも今思えばこの時期は会社を選ぶ軸がぶれぶれで、ちゃんと考えることから逃げている時期でした。

「毎日の幸せに貢献する」という、曖昧な軸で会社を見ていたので、
当然のことながら本当に行きたいと思える会社は見つかっていませんでした。
けれども、選考の時期はどんどん迫って来ているし、
とりあえず受けて自分がいける可能性のある会社を増やさないと、という思いで毎日就活していました。

そうだったんですね。聞いていてすごくしんどそうな時期に感じるのですが・・・。

正にその通りです。それまでは全く思ったことなかったのに、
この時期は本当に就活が楽しくないなと思っていました。

疲れ果てて何でこんなことになったのだろうと我に返って初めて、
自分の軸がぶれていたからだということに気付きました。
知らず知らずのうちに周りの目を気にして、
本当に自分がどうなりたいのかを考えることから逃げていたんだと思います。

そういうものを全部取り払って、自分がどうなりたいのか、どんな人とどんな仕事をしたいのかを、
シンプルに考えたら軸が見つかったんです。

シンプルだった自分の答え

見つかった軸をお伺いしてもよろしいですか?

全部で3つあります。

1つ目は、マーケティングやプロモーションに関わるような仕事。
2つ目は、若いうちから且つ女性が活躍できる環境の会社。
3つ目は、仕事もプライベートも楽しんでいる人が多い会社
以上の3つです。

まず1つ目から説明すると、
マーケティングやプロモーションにかかわるような仕事がいいなと思ったのは、
必要な人に必要なモノが届いて幸せになって欲しいと思ったからです。

先ほども述べたように、毎日の幸せのきっかけって意外と多いんですね。
けれどもそのことに気付いたときから、こんなにモノやサービスが溢れている環境の中で、
本当に必要な人のもとへどれだけ届いているかは疑問でした。
ならば、モノやサービスが必要な人のもとへきちんと届けられるような仕組みを自ら作って、
興味喚起に関わる仕事をしたいなって思ったんですね。

2つ目と3つ目はどうだったのですか?

将来、家庭も仕事も楽しんでいる人になりたいなという思いがあって、
そのためには何が必要かと考えたときに、環境やパートナーに左右されない力だと結論づけました。
例えば夫の会社が倒産したとき等に、自分が家計を支えるぐらいの力が必要だということです。

そのような力が得られるのは、2つ目の軸のような環境だったということです。

それはやはり所属していたフリーペーパー作成団体の影響ですか?

そうですね。2年生の時から所属していたのですが、
その活動で出会った人たちの影響が大きいですね。
女の子は結婚や出産など人生の選択肢が多いぶん、
迷うことも多いとおもうのですが、自分の1番納得する形を選んだ結果そうなりました。

3つ目の軸もそこで出会った人たちの影響を大きく受けています。
軸が出来てからはほんとうにすんなり進むことが出来ました。

そして今の内定先のファインドスターに決めたのですね。

そうです。
軸が出来てからはそれまで受けていた軸に合わない大手企業を全部お断りして、
自分に正直に進むことが出来ました。

決めては「人」と「フィーリング」

ファインドスターに決めた決め手はなんだったんですか?

事業・理念・人にそれぞれ魅力を感じ、総合的なフィーリングで決めました。

事業に関してはダイレクトマーケティング支援やニッチメディア(4マス以外の媒体)広告を通して、
必要な人に必要なモノが届いて幸せになって欲しいと実現できると思ったからです。

また、会社には感謝や挨拶など20の行動指針があって、
自分自身がとても大切にしていることだったので共感しましたし、
そんな当たり前のことを大切にしている姿勢が好きだなと感じました。

人に関しては誠実な人が多くて、選考の過程で会ったどの人も素敵な人でした。

そうだったんですね!最後に後輩へのメッセージをお願いします。

周りからの影響ではなくて、自分でしっかりと考えてから決めて欲しいです。

また足をしっかり動かして就活してください(笑)!
人から聞いたりホームページで得た情報は、
やはり自分が実際にその会社の説明会や社員さんに会って得た情報には勝てません。
また直接会っていれば、お断りするときも納得して決断出来ると思います。
フィーリングも大切にして頑張ってください。

【インタビュー・写真:さかいみか】

Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう