mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

頭でっかちな自分のままでいたくない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
高岡恵 Takaoka megumi
大学
神戸大学
内定先
株式会社カネカ
プロフィール
特になし

変わった人間を受け入れてくれる会社を探していました

髙本さんの就活の始まりについて教えてください。

始めは何をしたらいいか分からず、

ひとまず夏のインターンに行こうと選考を受けたのが就活のスタートだったと思います。

ベンチャーの会社も受けてはいたのですが、選考が通ってインターンに参加したのは大手の会社ばかりでした。

その頃から自分は大手の会社向きなのかもしれないなと感じていましたね。

髙本さん自身はどんな会社を探していたのですか?

最初は大企業で長く働ける会社がいいと思っていました。

でも複数の会社を見ていくうちに、変わった人間でも受け入れてくれるような会社がいいなと思うようになりました。

自分が結構変な人なので(笑)、四角四面に仕事に向かうよりも個人のやり方を尊重し合える環境の方が合っているのかな、と。

変わっているというのはどういうことでしょうか?

変だというのを自覚しているわけではないのですが、バイトでも就活でも、よく「変わってるね~」と言われました。

中学・高校と女子校だったことも影響しているのか、困ったときは人に頼るよりもどうにか自分で解決できるように行動するのですが、そんなところが周りからは我が道を行くというように見えるのかもしれませんね。

なるほど、自分の意思がはっきりしているということなのですね。
変な人間も受け入れてくれる職場かどうかはどのように判断していたのですか?

会社説明と同じくらい社員さんどうしのやり取りにも注目するようにしていました。

会話の中で「みんな変わってるからな~」なんていう一言が自然に出てくる会社は、きっとお互いのことを受け入れているのだろうな、と思いましたね。


「何でも屋さん」の魅力

髙本さんは複数の会社から内定をもらっていたと伺っていますが、カネカを就職先として選んだ決め手は何だったのでしょうか?

内定を幾つか頂いて、1社に決めるときはとても悩んで色々なことを考えたのですが、最後は直感に従いました。

言葉で表現すると、地に足が着いている感じがしたんです。

規模感がちょうど良かったというのもありますね。

工場で働いている方も含めるとカネカで働く人の数はとても多いですが、実際に一緒に働く総合職の人数だけで言えば文系総合職の同期が20人程度で、一緒に働く人の顔や名前が分かるぐらいの人数です。

書類を1つ作るにしても誰がどんな会議で何のために使うのかが分かる方が良いので、私にとっては安心できる規模感でした。

自分の仕事がどんな場面で役に立つかを把握できている方が責任をもって取り組むことができそうですね。
事業内容や職種に対するこだわりは何かありましたか?

事業に対するこだわりは全く無くて、コンサルでもメーカーでも人材でも何でもよかったんです。

カネカに出会ったのも秋のインターンの募集をたまたま見て、CMで社名は知っているけど何をしてる会社なんだろう?と思ったのがきっかけで。

素材メーカーも見ておこうかな、くらいの気持ちでしたね。

インターンに参加して、素材メーカーに惹かれるようになったということでしょうか?

そうですね……。

カネカは素材メーカーと言っても様々な事業を扱っていて、カネカって何の会社?というのに答えるのがとても難しいんです。

「何でも屋さん」という感じですね。どんな事業も必ず誰かの役に立っていると思いますし、自分自身の興味関心の幅が広いからこそ何か1つを選べないでいたので、素材メーカーというよりはカネカの「何でも屋さん」という面に惹かれるようになりました。

社名は知っていても何の会社かよく分からないのは、「何でも屋さん」だからこそかもしれませんね。

扱っている事業が多い分、お仕事を通じて色んな人に出会えることもとても楽しみです。


今のままの自分でいいのだろうか?

人材やコンサルの会社とも迷っていたのですよね?

3月頃はまさか素材メーカーに行くなんて思っていなくて、コンサルのつもりでしたね。(笑)

少し就活が落ち着いて、ふと、このままでいいのかな?と思ったんです。

自惚れですが、コンサルは今の自分のスキルでのらりくらりとやっていけそうな気がして。

入って何も努力しないということではありませんが、自分が気づかないうちに自分が得意そうな分野の業界に寄っていってしまっていたんですね。

得意を活かすのは悪いことではないような気もしますが……。

そうですね。確かに、コンサルはクライアント企業の経営や戦略をクライアントの中に入り込んでサポートするお仕事ですし、多くの企業と関わることもできて、自分にはとても向いていると思ったんです。

でも、同時に、クライアント側の一般企業で働くという経験も、現場の視点ももたないままコンサルタントになっていいのかな?現実を知らない、地に足のついていない人間なんじゃないかな?と疑問を抱えてもいました。

コンサルは実態があるようで無いお仕事なので、自分自身をアピールすることも必要ですよね。

このままだとずっと同じ疑問を抱えながら、そんな自分を隠して働いていくことになるかもしれないと思い、それが不安でもあったんです。

カネカに決めた理由にも地に足が着いているという言葉が出てきていましたね。

カネカの工場には、品質管理や保証を行う総合職や研究員の方のほかにも、実際にラインに立って質の高い製品を作ってくださる現場の方々が沢山いたんです。

その姿を見たときに、こんな風に実際にお客様の手に渡るものを作る現場の方々の努力や貢献を知らずに新卒として働き始めてはいけないと思いました。

やはり自分は働く現場を知らないままだ、と再認識したんです。

このままだと頭でっかちになるという危機感が不安の元だったんですね。

就活中に辛かったのはその頃ですか?

就活期間が長かったので、中だるみをした時期も辛かったですね。

選考の段階で特に行きたい会社がはっきりしていたわけではなかったので、何のために面接を受けるんだろう?と思うこともありました。

でもやっぱり一通り選考が終わって1社に決めるときは本当に悩みました。少し贅沢な悩みなのかもしれませんが、そもそも良いと思った会社しか受けていなかったので、どの会社もそれぞれに魅力があって決めきれなかったんです。


他人の頭に頼らず、自分の頭で考えよう

最後はどのように決断をしたのでしょうか?

一人で沢山悩んで、整理して、周りの人に話を聞いてもらって決めました。

カネカは最後に内定をもらったのですが、1番正直な印象を受けたんです。

選考中も社員さんが会社の良いところも悪いところも話してくれて、その話に自分が納得できたので、あまり不安を感じませんでした。

選考もとても丁寧で、毎回フィードバックを貰えたので相互理解ができているなと思いました。

これは他社の選考を受けて、他の会社もきちんと見ていたからこそ気付けた部分だったと思います。

あとは、頭でっかちな自分になりたくないという気持ちが大きくなっていたので、自分に欠けた部分を埋めていけるお仕事だと感じた気持ちに従うことにしました。

選考を含め複数の会社を見ていたことが、納得感に繋がったのですね。
最後に、就活生へのメッセージをお願いします。

就活の雰囲気に惑わされないようにしてください。

ネットなどから得られる二次情報に振り回されて不安になったり、安心したりするのが1番良くないと思います。

内定を取るためには何々すべき!とか、会社の評価とか、他人から色々と話を聞くこともあると思います。でも、他人の意見を鵜呑みにして行動しても自分にとって1番良い選択に繋がるわけではありません。

大企業かベンチャー企業か、というのもよく言われることですが、両方を見ることなく勝手なイメージでどちらか一方を選択している人もいるように感じました。

大企業もベンチャー企業も、会社ごとに雰囲気や仕事の進め方は違うと思いますし、それを知らず分類に縛られてしまうのは勿体ない気がします。

就活に限ったことではありませんが、ちゃんと自分の目で見て、自分の足で動いて、自分の頭で考えながら頑張ってください。


(取材・文 春山 栞)

Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう