mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

伝えるから”伝わる”へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
俵 恭平 tamara kyohei
大学
同志社大学
内定先
エン・ジャパン株式会社
プロフィール
野球サークル

予期せぬ形で始まった就活

俵君はいつ頃、就活を始めたのですか?

始めたのは6月頃で、TNGRに入ったことがきっかけでした。
ちょうどその頃、周りの友達も就活を始めていると聞いて焦っていたので、
すぐに入ることを決めて選考を受けに行きました。

TNGRに入ってからはどんな活動をしていましたか?

自分でも予期せぬ形で始まった就活なのですが、
最初は入りたい会社も無くなんとなく大手企業がいいかなと、
考えているぐらいで具体的なことはあまり考えていませんでした。
なので、今後どのように就活を進めて行くか考えるためにも、
とりあえず合同説明会やインターンに参加していました。

合同説明会かインターンに参加してみて変化はありましたか?

インターンに参加する中で、もの凄く惹かれる会社に出会いました!
その会社は"ユーザーファースト"を理念に掲げていたのですが、掲げているだけでなく、
サービスの作り方や社員1人ひとりの考え方にまでそれが浸透していたんですね。
こんなにも人のために一心不乱に企業活動をしている会社があるなんて、と衝撃を受けました。

結果的に"ユーザーファースト"であるということは、
僕が会社を選んで行くうちで要素になっていきました。

なぜそこまで"ユーザーファースト"というキーワードに惹かれたのでしょうか?

僕自信が大学のサークルの代表を務める中で、
ユーザーファーストであることの歓びと大切さを感じていたからだと思います。

所属していたのは野球サークルだったのですが、試合の日程を考える他に、
飲み会は勿論のことハロウィンパーティー等のイベントも企画も行っていました。
日程の調整や出席確認、会場の確保など大変なことはたくさんあったのですが、
それでも当日イベントが終わった後にサークルの皆にお礼を言われることがとても嬉しかったんですね。
また次も頑張って企画を楽しいものにしようという、モチベーションにさえなっていました。

皆にお礼を言ってもらえたのは、僕がメンバーにとって楽しいイベントを作れていた、
つまり"ユーザーファースト"なものを作れていたから。
そしてそのお礼は僕にとって次も頑張ろうという活力になっていた。
このサイクルが僕の中にあったので、
自然とユーザーファーストであることに惹かれていったのだと思います。


浮き彫りになった課題

惹かれた会社のインターンでは、どのようなことをしたのですか?

新規事業の立案を行いました。
ユーザーファーストって口で言うのは簡単なのですが、
実際にサービスとして作るのはとても難しいということを痛感しました。

確かに…。実際に形にする作業ってとても難しいですよね。特にどんなところで、感じましたか?

中間発表があったのですが、特にそこでの出来事が心に残っています。
自分としては勿論ユーザーファーストなサービスを作っているつもりでしたし、
なにより思いを込めて作っているつもりでした。
けれども、それを中間発表では全く伝えることが出来なかったのです。
当然、評価者の方達には、つめられましたし、本当に、ぼろぼろでした…。

発表後、メンターとの面談があったのですが、
その場で少し泣いてしまうぐらい悔しかったのを覚えています(笑)。
その会社の理念に共感していたぶん、
良いパフォーマンスが出来なかったので、余計に情けない気持ちでした。

それと同時にその時なんとなく、自分が行きたい会社の像もぼんやりと見え出していました。

どんな像だったのですか?

2つ思っていた像がありました。
1つ目は、ユーザーファーストなサービスを作れるような、とにかく人に対して一生懸命な会社。
2つ目は僕自身が気持ちを人に伝えるのが苦手なことを中間発表でわかったので、
それが改善できるような会社がいいなと思っていました。

素敵な像ですね!夏が終わった後はその像に合った会社を探していたのですか?

そうだとよかったのですが、実は探していませんでした(笑)。
サマーインターンに参加し終えてからは、正直中だるみをしていました。
人に自分の気持ちを伝えるのが苦手、という課題があるとは感じていたのですが、
改善しようと具体的に行動を起こしてはいませんでした。

けれども、10月に出会った"逆求人"によって、その後の就活が大きく変化していったんです。

良いところも悪いところも、すべてをさらけ出した

なぜ逆求人に参加しようと思ったのですか?

自分が課題に感じていたことを解決できそうだと、感じたからです。

逆求人では、企業の方々に自分についてプレゼンを行って知ってもらうことがメインなのですが、
それが正に今の自分にピッタリだと思いました。

最初のうちは、やはり自分の思いが伝わらず、
よく、「俵君の熱い気持ちはわかるんやけど、俵君自身の中身や思いが見えてこない」と
会社の方に言われていました(笑)。

伝わるようになったきっかけは何だったのですか?

それは自分の良いところだけでなく、悪いところも正直に伝えるようになったことでした。

最初は、例えば、「サークルの代表やってます!」とか「人と話すのが得意です!」のように、
自分の良いところしか伝えてなかったんですね。
自己分析でも自分の嫌なところから目をそらしていたので、当たり前だったのですが。

けれども、"いつまでもこのままじゃ、さすがにヤバいんじゃないか"と思うようになってからは、
自分の苦手なこともしっかり話すようになりました。
その時から伝わるようになっていきました。
逆求人のスタッフの方に相手に伝える練習として、
プレゼンを聞いてもらっていたのも効果があったと思います。

伝わるようになった経験は自分の中で本当に良い経験でした。
その経験を重ねるうちに、元々あった入りたい会社の像を、より強く意識するようになりました。

そうだったんですね!内定先に出会ったのも逆求人を通してなのですか?

そうですね、逆求人がきっかけで知りました。

内定先のエン・ジャパンと出会った頃は、営業のアルバイトを始めた時期であり、
人にものを売ることについて考えていた時期でもありました。

僕が営業していたのは、新聞で有形財だったのですが、
いらないと言われたお客さんに対して、プレゼント等特典をつけて売ることがよくありました。
けれどもそれって本当にお客さんのためになっているのか、という疑問がいつも自分の中にありました。

それならば、同じ売るという行為でも、
自分で様々に創意工夫出来る無形財の方が僕には向いているんじゃないかと、考えるようになりました。

僕の考えるユーザーファースト

多くの人材会社がある中でなぜエン・ジャパンを選んだんでしょうか?

自分の2つの像を、色々な人材会社を重ねた時に、エン・ジャパンがぴったりと重なったからです。

実は僕、エン・ジャパンの最終面接を2回受けているんですね。
最初に受けたときは、やはり多くの会社の方から言われていたように、
熱意はあるけれども気持ちが言語化出来ていないと言われてしまいました。
そこで人事の方から
「他の会社とも比べてみて、それでもうちに来たいと思ったら、もう1度受けてください」と
言っていただけたんです。

すぐに、様々な人材会社の方と面談をしていただき、自分の気持ちを整理していきました。
結果、どこの会社も僕の像とは違っているところがあって、
やっぱり2つの像にぴったりあっているのはエン・ジャパンしかないと思い、
もう1度受けて、内定をいただきました。

どの会社も人材事業というビジネスモデルは似ていて、
求職者が取引先の会社に入った時点で報酬をもらう成果報酬型になっています。
この仕組みはうちも同じなのですが、
エン・ジャパンでは求職者が会社に入った後も、
活躍定着状況の経過を聞く等のフォローアップを行います。
僕が1番惹かれている部分がここで、ユーザーファーストを実現していると、強く思っています。

ありがとうございます。最後に後輩へのメッセージを御願いします。

自分の考えを伝えることは思っているより難しいことです。
なので、伝える機会をたくさん持って欲しいと思っています。

更に言えば自分の弱い面を認めて、改善する機会を作ってください。
僕は逆求人で、自分の弱い面が見えて本当に良い経験になりました。
自分の弱い面も20数年間生きてきて蓄積されたものなので、変えることは簡単ではないと思います。
けれども、自分のことを強い面だけではなく弱い面まで見つめることで、
自分がここで働きたいと思える企業が出てきます。
入りたい企業がない、やりたいことがないという人は
まずは徹底的に自分のことを見つめる時間を持って欲しいです。

【インタビュー・写真:さかいみか】


Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう