mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

自分の感覚を信じ、選んだ会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
乗松 崇之 norimatsu takayuki
大学
立命館大学
内定先
株式会社Speee
プロフィール
囲碁、長期インターン

ずっとSpeeeに行きたいと思っていました。

はじめに、乗松君がどのように就活を進めていたか教えてください。

TNGRという就活コミュニティに入ったのが就活の始まりだったと思います。

そこから色々な会社の人事の方とお話する機会が増えて、6月には逆求人イベントに参加していました。実は、この逆求人イベントでSpeeeにNo.1に選んでもらえたんです。

お世話になっている社会人の方にもSpeeeは合いそうだと言われていたこともあり、当時から漠然とSpeeeとは相性がいいのかもしれないと思っていました。

内定先のSpeeeとはそんなに早くから出会っていたのですね!もともとベンチャー企業で働きたいという気持ちが強かったのでしょうか?

最初は大手にも興味がありましたね。今振り返ると、周りの目を気にする気持ちもあったと思います。

大手ではなくベンチャーに目が向くようになるきっかけがあったのですか?

きっかけになるような出来事があったというよりは、ベンチャーで働く社員さんたちとお話する中で出てくる「自分を高める」「どんどん新しいことに挑戦する」という発言が刺激的で、そんな環境に魅力を感じてベンチャーを選びました。

大手は仕事の進め方が決められてしまっているようにも感じていて、そういう環境だと自分は悶々としてしまう気がしたんです。それに、既に出来上がってしまっている組織よりも、まだこれから創り上げていく段階の組織の方が単純に面白そうだと思いました。

働く環境としてベンチャーの方が合っていると感じたんですね。乗松君自身がやりたいことというのはあったのでしょうか?

正直に言うと、やりたいことは明確ではなかったですね。

ただ、ITがいいなとは考えていました。ITの普及によって時代が大きく変わる、今ってそんな節目で、これからITはもっと面白くなる気がしたのでITに行かない理由もないかな、と。

インターンで感じたSpeeeの新規事業への姿勢

IT系のベンチャー企業は数多くあると思うのですが、そのなかからSpeeeを選んだ理由を教えてください。

6月の段階からSpeeeに行きたい!と言ってはいたんですが、サマーインターンに参加してその気持ちが決定的になりました。Speeeの事業の創り方に感銘を受けたんです。

他の会社でも新規事業立案をするようなインターンには参加させてもらっていたんですが、結果的にアイデアコンテストなんじゃないのかなと感じることがあって。どれだけデータを揃えて緻密に考えられたプランでも、プランの元になっているアイデア自体に華がないとあまり良い評価をされないんですよね。

多少収益性に難があっても、奇抜なプランの方が審査員の評価が高いことが多い気がしました。

その点、Speeeはどう違っていたのですか?

Speeeのインターンではお題と、それに関わるある程度の情報が渡されます。それを参考にしながら、どこに事業の空きがあるのか、どんな形で市場に出すべきなのかを徹底的に調査します。

取り組んでいて、1つ1つの作業にものすごく納得感がありました。

ただアイデアとしてこんなものがあったらいいな、ということではなく、徹底的にファクトを大切にするんです。他のインターンでもデータを集めることはあると思うのですが、アイデア重視で評価されてしまう分、そういう作業が雑になっているように感じることがありました。

根拠に対する徹底力を体感して、さらに惹かれたんですね。

インターンですら他社よりも徹底しているわけですから、実際の事業はもっと徹底して事業を創っていて、そうやって生み出した新規事業は成功の確度が高いのではないかと思ったんです。

僕にとって、確度の高い事業を創り出す方法を学べることは大きな魅力でした。

将来的に人生を賭けてでもやりたいことを見つけたり、大切な友人が困った状況に陥ったりしたときに、ただ動くだけではなくて成果を出せる自分でありたいので。

Speeeという環境で、Speeeの皆と勝ちたい

事業の創り方以外の部分で、Speeeに魅力を感じたところはあるのでしょうか?

〝人〟ですね。

事業を創ることが好きで、メリハリのある人が多い気がしていて、実際に社員さんとお話していても馬が合うなと感じました。

就活中って、就活生をいい気分にさせるという意図もあるのでしょうが、割と褒めてもらう機会が多いと思うんです。褒めてもらえるような部分があるのは嬉しいことなのですが、自分自身が今は落ちてる時期だと感じているにも関わらず褒められると、少し複雑な気持ちになることもありました。

本当は違うのに……と感じてしまうかもしれませんね。

そんなときSpeeeの社員さんは、僕の様子に敏感に気付いてくれて、「なぜ、そうなったのかな。どうしたら改善できるのかな?」と真剣に話をしてくれました。新卒の人材として欲しいから、ではなくて、本質的に自分と向き合ってくれていると感じて嬉しかったですね。

ここでこの人たちとチームとして働きたいという気持ちがSpeeeを第一志望にしていた理由です。

チームで結果を出すということに対して、何か思うところがあるのでしょうか?

僕、小学校の頃からずっと囲碁をしていたんです。

囲碁って相手と1対1で勝負するものだし、僕も高3までは自分が勝つことしか考えていませんでした。高校最後の夏、個人で全国16位、団体で6位になったんです。そのときのチームの雰囲気がとても良くて、皆で勝ちたいという気持ちが1つになっていたからこそ残せた結果だったと思います。

この時に自分はチームのために勝つという気持ちがあるとより成果が出せることを学びました。そうした経験を通して、働く上でチームとなる〝人〟は大事にしていましたね。

囲碁の経験から感じていたことだったのですね。

就活を始める前の経験が、就活に影響を与えたことは他にもありますね。

大学生になって囲碁だけでなく、ビジネスの力で途上国の貧困を解決するBOPビジネスに興味をもって、実際にバングラディシュに行ったんです。日本の方が明らかにモノは豊かなのですが、バングラディシュのほうが家族や周りの人との繋がりが強くて、心が豊かなように感じました。BOPビジネスは社会的意義が大きいですが、今すぐやるというのは順番が違うのかもしれないと思うようになりました。

まずは、家族、恋人、友人。そんな近くの人から幸せにしてどんどん自分の影響力を広げていきたいです。

自分の気持ちに素直に、自分のための就活をしよう

乗松君は4月から内定者アルバイトとして働いているとのことですが、実際に働いてみて気持ちに変化はありましたか?

良い方にしか変化していません。正直、仕事はしんどいですよ。(笑)

学生という扱いはされないので、求められる基準も高くて辛いと感じることもめちゃくちゃあります。でも、働いていて社員同士のコミュニケーションがとても気持ちいいんです。

仕事をする上で、社員とのコミュニケーションにコストをかけるのってすごく無駄なことだと思っています。

やるべきなのは、クライアントや事業に対して真摯に向き合うこと。それなのに、社内の人間関係に体力を割いてしまってその残った体力で仕事をする、なんてことはしたくなかったので、そういう意味で無駄なコストがほとんどかからない環境で働かせていただいていることに感謝しています。

社員さんのレベルも高くて、今の環境で働けることが本当にありがたいです。

素敵な人たちに囲まれてお仕事しているのですね。
最後に、就活生へのメッセージをお願いします。

誰かのためではなく、自分のために就活をしてほしいです。

親が……とか、世間的に……と他人の目が気になってしまう気持ちは分かります。でも周りが何と言おうが、思おうが、自分が1番幸せになれるのは自分自身が納得して進路を選択することです。就活中に親に反対されたとしても自分がいきいきと働く姿を見せることで、いつかは理解してもらえるのではないかと思います。

沢山の会社を見た方が良いということもよく言われますが、無数にある会社の全てをみることはほぼ不可能です。出会いの数を増やすことは大切ですが、自分が出会った中で「ここだ!」と感じる会社があれば、その感覚を信じてみるのもいいんじゃないでしょうか。

自分に素直に就活してください。


( 取材・文 春山 栞 )

Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう