mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

大好きな企業と両想いになれた就活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
田中 光 tanaka hikaru
大学
神戸大学
内定先
Fringe81株式会社
プロフィール
神戸大学KooBee、ひとところカフェ運営

「色んな人と出会えるから楽しそう」で始めた就活

本選考で一社しか選考を受けていないと伺ったのですが、本当なんですか!?

はい、本当です。
内定先のFringe81しか受けていません。
3社サマーインターンに参加したのですが、その中から選びました。

とても数が少ないように思うのですが、どのように就活を進めていたのですか?

就活を始めたのは2年生の3月末でした。
先輩が就活のイベントを行っていて、参加者が足りないから来てくれという理由でそこに呼ばれたのがきっかけでした。
就活イベントに参加したものの将来のことについて真剣に考えていたわけではなく、その当時は様々な人に会えそうなので就活は楽しそうだなと感じていました。

でも、その後参加したある企業のサマーインターンの選考で、僕は危機感を覚えたんです。

初めて参加した選考だったんですよね。

そうですね、5月中旬頃で、グループディスカッションを行いました。
僕は普段から初対面の人とも、臆することなく話せるのですが、
そのグループディスカッションでは制限時間の20分中二言しか発言出来なかったんです。

僕が考えて発言しようと思ったことを、同じ班だった人にどんどん先に言われてしまい手も足も出ませんでした。

確かに20分で二言しか発言出来ないと、初めての選考とはいえ焦りますよね。

このままで大丈夫なのかと就活が心配になりました。
その後友達に相談したところ友達はサマーインターンの選考を20社受けていると聞き、僕もそれぐらい受けようと思い片っ端から応募していました。

サマーインターンは何社ぐらい受けたのですか?

30社ぐらい受けました。
でも前半は全く受からなかったんです。

論理的思考が苦手だったり、面接でストーリーベースでだらだらと喋ってしまったり…原因は様々だったと思います。
友人はサクサク通っていたのもあって、僕は元々自分に自信がなかったのもあり、もはや社会的に需要がないんだなって思うくらいヘコみました。

けれども1度自分で頑張ると決めたので最後までやり通して受けきりました。
少しでも前に進もうと、毎回の選考には目標を決めて挑んだり、必ず最後まで会場に残って人事の方にフィードバックをもらうようにしていました。

その成果もあってか、最終的に4社合格しました。
「参加者の誰よりも頑張るので!」ってごり押しで通して頂いたところもありますが。笑

日程が被ってしまい参加出来たのは3社だったのですが、どのインターンも僕にとってはこの先の道を決めるヒントになる経験ばかりでした。


出来ないことが多いから出来ることは一生懸命頑張る

インターンでどんな経験をされたのですか?

最初のインターンは参加者のレベルがとても高くて、ついて行くのが精一杯になるような刺激的な経験でした。
圧倒されて「自分は出来ないから」と尻込みしてしまったことが反省だったので、
2回目のインターンは最初から自分が班の中心になってモチベーションを上げることに挑戦し、達成することが出来ました。

2つのインターンでは自己理解が深まったり、多くの経験が出来たり、いい仲間と出会えたり、確かに良い経験は出来ました。
でもその2つの会社で働きたいとは思えませんでした。

本当に働きたいなと思ったのは最後にインターンに参加した会社だけでした。

最初と2回目のインターンと最後に参加したインターンでは、どんな違いがあったのですか?

最後に参加したインターンは今の内定先のFringe81なのですが、そこでサマーインターンに参加した中で初めて優勝することが出来ました。
サマーインターンの集大成として優勝したかったので本当に嬉しかったです。

なぜ優勝することが出来たかと言うと、参加した班の中で僕の班が一番組織としてまとまっていたからなんです。
開催されたのは各チームが事業案を出して優勝を競う形式のインターンでした。
僕の班には、僕を含めて「圧倒的にキレてる人」はいませんでした。だからこそ、本気で力を合わせなければ勝てないと思いました。

他の班がリサーチをしたり、ロジックを組むことに時間を使う中で、僕の班だけが今日一日の目標を決めたり、班員のフィードバックを綿密に行い、団結力を高めることに時間を割いていました。
団結した僕たちは、最後まで助け合いながら全力で課題に取り組むことができ、それが優勝の決め手となる案を生みました。
実際優勝を決める際、団結力も評価してくださりました。

チームビルディングは、サマーインターンを通して僕が取り組んできたことでした。
僕の強みの部分やありのままの部分をどの企業よりも高く評価してくれて、何より僕が大切にしていることに共感してくれたFringe81に強く惹かれました。
また社員の方の雰囲気が、1人ひとり全く違っていたのもポイントでした。


最高の組織があるから最高の事業ができる

先ほど、一緒に活動する仲間が田中君の中ではとても大切だとおっしゃっていましたが、今までどのような組織に属していたのですか?

僕の中に大きな影響を与えた組織は2つあります。

まず1つ目は大学で所属しているフリーペーパーを作るサークルのことなのですが、
『お互いの違いを認めて、一緒に頑張れる』そんな組織でした。
そのサークルにはフリーペーパーが作りたくて入ったわけではなく、先輩に惹かれて入りました。
みんな考え方は違うのに、尊重し合って、ときにはぶつかりながら目標に向かって走ることができるこの団体が大好きでした。
大学生活のほとんどを捧げるぐらい一生懸命に頑張れました。

2つ目は、「ひとところカフェ」という僕と友達が運営しているカフェです。
カフェ運営はめちゃくちゃ、やってみたかったことだったのですが、1カ月くらいで「続けるのは無理だな」と確信しました。
オーナーと考え方が合わなかったのです。
それでも半年間頑張ることが出来たのは一緒に運営していた友達のおかげです。
友達のことは本当に尊敬していて、友達が留学でカフェを辞めるまでの半年間は全力で支えようと思い、運営することができました。

特段やりたいことじゃなくても、一生懸命になれた経験。
やりたいことだったけれど、続けることができなかった経験。

この2つの経験が、僕は『何をするかではなく、誰とするか』を大切に思っていることを教えてくれました。
なので一緒に活動する仲間を大切にする会社で働きたいと思うようになったんです。

Fringe81はそのような組織だったのですね。

そうですね。「社員をマジで文字通り目に入れても痛くないよ」って社長が言うくらい、社長をはじめとして、仲間をとても大事にしていました。また「全員他社の方じゃないの…?」って思うぐらい、インターンのときに会った社員さんの雰囲気はみんな違いました。
多様だけど、目標に向かって一つになって、理念や事業に誇りを持っている人たちの集まりでした。

僕はインターンの選考や本番で、企業の理念やその理念の浸透度合いを見ていました。
理念が僕に合っているかどうかは勿論、理念に対して組織の中で温度差がないかどうかも見ていました。
どれだけ立派な理念が掲げられていても、その理念の下で働く人が理念に共感していない組織は嫌だったんです。
Fringe81はそういう部分が全くありませんでした。

また、ありのままの僕を良いと言ってくれました。
僕のことを「人の気持ちがわかるイイ奴」と評価してくれたんです。笑
無理して、自分を作って内定をもらえたとしたら、働きだしてからも自分を作り続けることになる。
それは絶対嫌だったので、素の自分で選考に挑むことも大事にしていました。


就活って恋愛に例えられますが、本当にその通りです

素敵な企業に出会えたのですね。でも一社だけしか受けなかったことに不安は感じなかったのですか?

正直最初は少し迷いもありました。
僕が見た会社の数はとても少ないと思うし、内定を頂いたときはまだ年も明けていなかったので、大手はこれからという時期でした。
周りの人にも「大手は見なくていいの?」等様々なことを言われました。

でもある人に相談した時に「大好きな人と両想いになったのに、今より好きになれる人がいるかもしれないと探したりはしないだろ」と言われて、確かにそうだなと自分の中で納得しました。
せっかく両想いになれた会社があるのだから他を探すのではなく、自分の納得感を大事にしてそこで頑張ろうと決めました。

それに、「何社受けてどれくらいの期間活動すればいいか」なんて答えはないし、自分を一般に当てはめる必要もないなと思いました。
「内定とらなきゃ」と焦りを感じることなく、楽しんで就活を終えられたことは本当に運が良かったと思います。

なるほど、内定先に納得感を持って就活を終えたのですね!最後に後輩にメッセージをお願いします。

何をするかよりも、取り組む姿勢を大切にしてほしいです!

「やった方がいいから」とか「みんなやってるから」ではなく、自分がやりたいからやる、その姿勢を大切にしてください。
だからもし就活のイベントに参加して、就活に魅力を感じなかったらイヤイヤやる必要はないと思っています。
それだったら、部活やサークル、バイト等なんでもいいけど自分が一生懸命取り組めることに注力した方がいいと思います。

もちろん就職するならいずれ就活するときが来ますが、そのときは、どうせやるなら楽しみながら、一生懸命頑張ってください!!


【インタビュー・写真:さかいみか】

Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう