mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

その不安は、ただの先入観だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
徳田 遼 tokuda ryo
大学
神戸大学
内定先
株式会社DeNA
プロフィール
神戸大学広告研究会(AdTAS)

就活支援をしてきたのは、自分自身が不安だったからなんです

夢中になるものがなかった僕は、広告に出会った。

徳田くんは早期から就活をしていたイメージがありますが、いつから就活をしていましたか?

就活というものを意識していたのは、大学1年生の夏からになりますね。

大学入学してお祭りからパーティから就活支援もやってる団体に入って、その中で尊敬している先輩がキャリア支援をやっていたので、僕もやってみようと思ったんです。

そうして気づけば1年生から3年生まで、毎年さまざまなキャリアに関係したイベントや団体に関わっていました。

それは経験が長いですね。どうしてそこまで就活支援に関わっていたのですか?

正直、不安だったんですよね。僕自身にやりたいこともなかったからこそ、自分にプレシャーをかけようとしていたんだと思います。

就活支援のフィールドには当然先輩の方が多くて、彼らは皆自分と向き合っていました。それを見ていると、自然と僕自身も見よう見真似で同じように自己分析的なことをする習慣がついたんです。

でも、自己分析をすればするほど、自分に軸がないということに向き合わずにはいられなくて、考えてきた結果に何もない自分がいるのが怖かったんです。「自分が没頭するほど夢中になったことはあっただろうか。」「自分にとって大切なものってあっただろうか。」って考えても、答えが見つからなかった。

『じゃあこのまま自分が就活して、納得できるのか?』と疑問がありましたし、そうした自分の将来への不安を消したかった。自分自身をキャリア支援という場所に置くことで、何か答えが見つかるような気がしていました。

そこからどのようにして、その大きな不安を解消したのですか?

『夢中になれる何かを見つけられたら良いんだろうな』という確信はあって、そこで出会ったのが"広告"だったんです。

もともと漠然と広告が好きで、だけど神戸大学には広告のサークルがなかったので自分で勉強していました。だけど『アドフェス』という関東の広告研究会が参加するコンペ大会の決勝プレゼンに1人で行った時に、純粋に『あの場所に自分が立ちたい』と思ったんですよね。

でも、僕にはこの想いを共感してもらえる場所も仲間もいなかったから、関東にそういう場所があって羨ましかったんですよね。

だから関西に帰ってすぐに、神戸大学広告研究会『AdTAS』を立ち上げました。

広告が好きだからといって、広告の仕事が好きとは限らないんです

好きだけでは、理由にならない。

広告研究会を立ち上げてそれだけ広告に夢中なのに、広告業界には行かなかったのですね。

『広告代理店は受けないの?』と聞かれますし、広告という分野で出てくるアウトプットと本質的に人を見る姿勢は好きなんです。

だけど広告という仕事を考えた時に、"どんな時に自分が楽しくて、どんな時に本気になれるのか"というのが、広告業界の業務にはマッチしていないと感じた、それだけなんです。

徳田くんの思う、仕事としての広告との合わない点とは何だったのですか?

広告を魅力的だと感じるところは、徹底的に人間というものの行動や心理を考えることでした。

何が人の心の琴線に触れ、何を見せれば消費者が行動まで起こしてくれるのかという、とても本質的なことを考えているところが、まさに僕が魅力を感じたところだったんです。

ただ、『仕事』で考えたら消費者のことを考えてアウトプットを作ろうとする中で、最終意思決定はクライアント。なんだかんだ言っても、クライアントのOKがない限りアウトプットは完成しないんですよね。その現状のモデルが自分の求める仕事のやり方ではないと感じました。

だから僕が仮に、代理店やコンサルのようなクライアントサービス業に入った時を想像しても、自分が最初から最後まで一貫した意思決定者になれない、その待ち受けるだろう苦しみに、悩み続けることに耐えられなかったんです。

そこからDeNAに内定したわけですが、大きく事業は異なりますよね。そのキッカケはあるのですか?

キッカケはサマーインターンでした。はじめは正直興味がなくて、先輩に勧められてエントリーしたらトントン拍子にいって、インターンに参加することになったんです。その時は「やった!10万円だ!」くらいで(笑)。

だけどそのインターンで、1チームにつき1人、総勢10人の役員をメンターとして出してきたんですよね。そこに会社の本気度を感じましたし、メンターは非常に優秀で愕然とさせられて、ダントツに1番面白いインターンだったんです。最終的にコンサルやIT企業など、7社くらいのインターンに参加しましたが、これだけのリソースをつぎ込んでいる企業はなかったと思います。

そうしてDeNAの社員さんや事業に関わっていくうちに『時代の変化に事業領域を変えていくスタンスなんだ』『ただのソーシャルゲーム会社じゃないんだ』と知ったんです。それに、これだけ採用に力を見ている会社は、人を本気で見ているように感じたんですよね。面白い会社だと思いました。

事業の方向性を変えなければいけないと、誰もが分かっている会社でした

この不安は、みんなの不安だった。僕の居場所が見つかった。

でも徳田くんが一転してソーシャルゲーム事業への興味があるとは思えませんし、報じられている会社の状態などに不安はなかったのですか?

そうですね。不安はもちろんありましたよ。人や会社の風土は自分とすごくマッチしているとは感じても、いざ仕事が始まった時にのめり込めないような気がしていました。

というのもMobageという事業が中心でしたし、僕はそもそもゲームに興味もないので自分の関心は引かれない。それに世間的に沈んできていると言われているゲーム事業にこれからもこだわり続けるのだとしたら、それは会社の未来をちゃんと見ているのかという疑問はありました。

それでも、どうして決心できたのですか?

僕が抱いていたのは、ただの先入観だったと気がついたんですよね。もちろん利益を支えているのはMobage事業ですが、その次のステップをどう見ているかが重要でした。

会社としても『世界ナンバーワンのサービスを作る』というビジョンを今掲げて、決して1つの事業に集中するフェーズではないんです。その『次に次に』という姿勢が、すごく面白いと思ったんですよね。

事実、新しい事業がたくさん動いているようですし、表には見えないものが水面下で動いているんです。

中に入ってこそ分かることがあったのですね。そう決心できた時に新たな気づきはありましたか?

自分が一番やってて楽しいこと、苦しくても充実していると感じられる瞬間に気づけたことが大きかったですね。

僕は自分で創っていく感覚が好きだと気づいたんです。役職でいうとディレクターとして、事業やタイトルを自分が責任者として関わって、自分の力で動かしている時間がすごく楽しいのだと分かりました。

広告研究会を立ち上げて未完成な組織から創り上げていく過程も、クライアントのニーズを汲み取って戦略を考えてすすめていくところも、すべてそうでした。

僕は自分の手で最初から最後まで創り上げたり動かして自分で意思決定していきたかった、だから僕は広告でもコンサルでもなかったんですよね。

自分らしくないことはするもんじゃないな、と思いました

深く考えなくて良い。思ったより、世界はシンプルだ。

自分の本質的にやりたいことが見えたんですね。

そうですね。さまざまな活動や就活をし始めた頃は、『誰かに喜んでもらいたい、自分だからこそ創れる価値を与えたい』とばかり思っていたのですが、それって当たり前のことだったんです。

それを前提として踏まえた上で、自分は物事を進めること、分からないなりに走っていくところが楽しいんです。

それに、自分らしくないことはするもんじゃないなと思いましたね。僕には具体的に未来を設計するなんて無理でしたし、将来成し遂げたいこともなくて、考えるだけでしんどかったんです。

それを無理に深く考える必要はないですし、考えようと思えば考えられますが、それって結局取ってつけたようなウソになっちゃいますから。

あらゆる気づきのあった就活だったのですね。それでは最後に就活生へのアドバイスをお願いします!

例えば過去の経験もすごく大事だと思いますが、そこから無理に将来に繋げたり、導かなくていいと思うんです。『何にしている時が楽しいのか、苦しくても頑張れるのか』を見つけたら、自ずと後からついてくるものですから。

『コレが好きだ!』と思ったら、『じゃあどうして好きなんだろうな?』と考える。難しく考えなくて良いんですよ。

僕が最後に『DeNAだ!』と思ったのも『らしい』と思ったからですし。結局みんな『ぽい』ところに収まるものなんだと実感しました。『その会社、お前っぽいわ』というところが本質的で、あながち間違ってはいないと思いましたね。

【インタビュー・写真:みやけよう

Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう