mainImage
内定者インタビュー
内定者インタビュー

ベンチャーを選んだ理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
岡本 明朗 okamoto akio
大学
同志社大学
内定先
IT
プロフィール
フットサルサークル/地域活性/商品開発

自分で正解を導くことができるから、視野を広げて見ていきたい

何が正しいか分からない、だから正解は自分でつくる。

岡本さんは大企業志望からベンチャーに変わったとお聞きしましたが、そもそも将来の夢を意識し始めたのはいつでしたか?

はじまりは高校生の時でしたね。大学を決める時にも、その先に就職があると意識していましたし、それに当時は商品開発をすることが夢だったんですよね。だからその時は漠然と『だったら影響力が大きく優良な企業のほうがいいな』なんて思いながら、大学も商学部を目指していました。

いざ私立大学に入学してお金もかかっていたので、『親にも恩返ししたい』という想いが強くて、就職を通じて安心感を与えたかったので、『大企業!THE安定!』というミーハーでした(笑)。

だからこそ大企業だったのですね。

そうですね、大学2年生で大企業のインターンシップに参加して、職場体験やオフィス訪問を通して『やっぱり大企業いいな!』と、もっと大企業に憧れるようになりましたね。だけど同時に、そんなに簡単に決めて良いのか、自分と素直に見つめ合って価値観を広げたいとも思ったんですよ。

というのも当時は偏見ばかり抱いていました。僕はベンチャー企業を知らなかったですし、ベンチャーや中小企業は町のこじんまりとしたイメージだったり、ネガティブな先入観を持っていたわけですから。だからこそ早くから世界を広く見て、選択してマッチしたところで働きたいと思いましたね。

だから企業の規模に囚われず、ベンチャーなども幅を広げていこうと考えが改まりました。それは「やらないで後悔より、やって後悔したい」という強い想いからです。

『やらないで後悔よりやって後悔』と言いましたが、何か過去に後悔した経験があったのですか?

そうですね、ひとつは祖母の死がありました。『おばあちゃんにもっと何かしてあげれば良かった…』と後悔ばかりでしたが、僕は祖母から「明朗は明るくて優しくて、きっと誰からも信頼される子だよ。だから、人のために何かしてあげられる人になるんだよ。」と言われたんです。
その言葉が深く残っていて、おばあちゃんの想いを受けて『誰かの悩みを解決する人になりたい、まずは身の回りの友達から何か支えになれる人でありたい!』と思うようになりましたね。

また、大学受験の失敗もありました。はじめに言ったように、商品開発をしたくて商学部に行きたかったのに落ちました。しかし今こうして振り返ると、経済学部でも商品開発ができたんです!

商学部に行くことが正解だったわけではなくて、自分で正解を導くことができるんだと気づいたんです。だからこそ、最初から視野を広げて見ていきたいと思いましたね。

一歩踏み出すと、チャレンジすると、視野が広がったんです

飛び込んだ先に、生き方の答えがあった。

ベンチャー企業を知ろうとしても急には難しいと思いますが、どんな行動を起こしたのですか?

とある先輩のツイートで『TNGR』という就活コミュニティがメンバーを募集していると見かけて、そこに飛びこんだことがきっかけでした。

そこでは初めからベンチャー企業との交流も多くて、ITベンチャーのマーケティングセミナーや営業体験といったコンテンツがあったんです。それまでベンチャーへの不安もありましたが、やっていくうちにいろんな人の話を聞いて、情熱やモチベーションを聞く機会も多くありました。

そうしてベンチャー企業と触れ合う中でイメージが変わっていったのですね。

そうですね。例えば『起業とか興味ないし怖そう…自分向いていないんじゃないかな…』と思っていましたが、話を聞くと意外にもすごくやりがいがあってイキイキできそうだと感じたんですよね。

自分でもベンチャーと大企業の比較をしてみても、自分のバリューを発揮し、人生を自己実現・達成できる場としてもベンチャーへの想いが高まっていきました。僕は興味関心がコロコロ変わるからこそ変化ある環境が良かったですし、チャレンジして後悔しない人生を送りたかったんですよね。

具体的には、どういったとことに魅力を感じたのですか?

やっぱりベンチャーはパッションがあって、アクティブなところが全面に出ていて、僕はそれが楽しそうで羨ましかったんです。なにより自分の周りでも頑張っている人を見ると応援したくなったり、見ていたい人がたくさんいたからこそ、そういう環境を選びました。

将来もずっと同じ会社で働くのかも今は分かりませんが、僕は"市場価値の高い人間"になって、世の中からも必要とされていきたいんです。そうして僕が身につけた課題解決能力が優れていたら、僕のありたい生き方にリンクしますからね。

最近は『とりあえずベンチャー』が多いですよね

もっと見てほしい、もっと知ってほしい。

ベンチャー企業といっても沢山ありますが、ITベンチャーに絞っていた理由は何だったのですか?

それは新規事業に挑戦できるところに魅力を感じ、そしてITのチカラを実感してきたからです。何より悩みの解決にはオフラインも必要ではありますが、世界中つながっているITはもっとおもしろいと思ったんです。

それにしても最近、『とりあえずベンチャー』という就活生は多いですよね。裁量権や雰囲気はもちろんですが、ちゃんと自己実現を考えて、本当の自分の価値観とマッチしている会社を選んでほしいと思います。

『とりあえずベンチャー』は、みんな通る道なのかもしれませんね。

そうですね、僕も最初は『とりあえずベンチャー』の考えでしたから(笑)。でも実際に新卒の社員さんや、中途の方からキャリアについて話を聞いて、『この人たちと働きたい!』と思うようになりましたね。

僕は何事も、価値観を大事にしています。まずは自分の限界まで確かめてから、自分の価値観に合うところとマッチする場所を見つけていくようにしてきました。その行動力があったからこそ、今の判断があると思っています。価値観を広げる中で『どっちもいいな』と迷うこともありましたが、自分の将来像やビジョンと向き合い続けました。

そうして内定先のベンチャー企業に決められたわけですが、決め手は何でしたか?

直感です!僕は特にパッションに地頭、優しさやクールさ、何かミスがあっても人のせいにするのではなくて自分を責める"自責の念"といったところを注目しました。そうして内定先に出会い、自分が合っているような気がしたんですよね。

とはいえ理念に共感しないと働けないわけですし、僕は社長の考えも素敵に感じて、それであってこその直感でしたね。

価値観を広げ、自分の足を動かすこと

ぶれない納得感は、見た人にしか得られないから。

岡本さんの経験をふまえて、就活生へのメッセージをお願いします!

価値観を広げましょう!先入観から『この業界おもしろくなさそう…』と思うことはあると思いますが、それはあくまでイメージです。僕は興味の無い業界もインターンに行きましたし、確かめることが大事だと思います。自分で足を運んで、自分の目で見てください!

価値観を広げる、そして行動することを大切にしていってほしいですね。

【インタビュー・編集:三宅瑶】

Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう