mainImage
特集
特集

今この瞬間、世界を変えたいと思っているあなたが欲しいんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mainImage
鈴木 雅剛 suzuki masayoshi
部署
代表取締役副会長
経歴
04年に株式会社ミスミに入社。配属2日目より新規事業開発を任され、2年半で売上高3億円超の黒字事業に成長させる。 07年にミスミ同期入社の田口(現:株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役会長)と共に株式会社ボーダレス・ジャパンを起業。田口の「世界の貧困問題を解決する」という熱い志と、「世界で一番働きたい企業を創る」という自分の想いを、最速で成し遂げられると確信し、「一緒に会社をやろう」と誓い合ってから2年後のことです。 起業してから8年を経た今、紆余曲折しながらも、理想の姿に近づきつつあると実感。株式会社ボーダレス・ジャパンが「社会起業家のプラットフォーム」として、社会を変える「本物のソーシャルビジネス」、「本物の社会起業家」とはどういうものなのか、を世の中に提示していきます。 鈴木雅剛の社会起業家ブログ http://www.borderless-japan.com/blog/masayoshisuzuki/

ソーシャルビジネスって、いったい何?

世に溢れているからこそ、第一人者が定義しよう。

最近よくソーシャルビジネスという言葉は使われますが、そもそもソーシャルビジネスとは何ですか?

ソーシャルビジネスとは、貧困、環境、差別等の社会的な問題を、ビジネスを通じて解決しようとするものなんです。

事業の目的は、社会的な問題に困っている人々の生活を変えること。その目的を達成するために、たくさんのお客様に喜んで頂けるビジネスを創り出すのです。

ボーダレスジャパンでは、具体的にどのような事業を運営していますか?

僕たちは社会の問題を解決する事業『しか』していません。

外国人に対する偏見・差別をなくすシェアハウス事業、貧困農家の生活を向上させるハーブティー等の製造・販売事業。バングラデシュの都市部にいる貧しい人たちに雇用を生み出す本革製品の製造・販売事業、そして児童労働を無くすために彼らの親等に仕事を提供するアパレル製品の製造・販売事業など、現時点で7つの事業が動いています。

7つもの事業を展開しているのですね。現時点で、ということは新たな事業も進行中なのでしょうか?

はい、8つ目のメディア事業のスタートアップが進んでいます。それは社会問題を取り扱ったドキュメンタリー映画等をウェブ上で配信するものなんです。

こういった社会の『真実』を教えてくれる映画は、現段階で社会問題に興味のある人だけしか見ませんし、自主上映ばかり。だからいつも同じような顔ぶれしか見ない、ということになりがちなんですよね。

たしかに最近もソーシャル上でシェアされる動画には、社会問題を訴えるものが多いですよね。

そうなんですよ。本当ならすごく感動したり心を打たれて考え方や行動が変わるような作品はたくさんある。けれども普通の人たちに見られる機会は少なく、映像を作っている人には収入がなかなか入らないのです。

だからこそウェブ上で普通の人が視聴したくなる仕掛けを生み出し、より多くの人の目に触れるようにしたい。そして多くの人たちが考えるキッカケを提供し、様々な社会の問題に関心を持ち、行動を少しだけ変えていく。その積み重ねが、社会を変える大きな力になると思います。

また、たくさんの人たちが視聴してくれることで得られる収入を制作・配給側が受け取ることで、また素晴らしい映像が生まれるというサイクルになりますよね。


ソーシャルビジネスの作り方

世界で苦しむ、『あの人』の状況を変えるまでは絶対に負けられない。

事業内容はよく分かりました。しかしながら事業の作り方と言いますか、一般で言うビジネスとどう違うのですか?

まず第一に出発点が違うのです。通常のビジネスは、『お客様に喜んで頂くために"儲かる"マーケットがあるのか』から事業づくりをスタートしますが、ソーシャルビジネスは『ある特定の社会的な問題を解決したい、何とかしたい!』からスタートします。

第二にやり方が違います。儲かることが第一目的である通常のビジネスは、利益を出すためにはやり方を問いません。一方ソーシャルビジネスは、例えば、その地域の貧困問題を解決するために事業をスタートしたならば、問題が解決できるまでは絶対にそこから撤退はできない。持続可能という制約条件がある上で、事業を生み出し伸ばす必要があります。

そして第三に、成功の定義が違います。何度も出てきたように、通常のビジネスは売上と利益が目的で、成功or失敗は売上高や利益額で決定されるものです。一方ソーシャルビジネスは、たとえば貧困地域の人々の生活がどれほど改善したのか、という『ソーシャルインパクト』の大きさが、成功or失敗の判断軸となります。

なるほど、起点である『社会的な問題に苦しむ人のために』という軸からぶれることはないのですね。

その通りです。あくまで目的は、社会の問題に苦しむ人々の状況を変えること。その状況下にあるより多くの人々の生活にインパクトを出すことなんです。

そのために、事業を生み出し、伸ばし続ける。持続可能な、絶対に負けられない戦いに挑み続けるのです。

もちろんビジネスである以上、商品やサービスを購入するお客様が、『買ってよかった、使ってよかった』と心底思わなければ、事業は継続も成長もできません。もともとの目的と、お客様に喜んで頂くことと、この両方を同時に達成し続けるのが、ソーシャルビジネスです。

こうして改めて聞くとビジネスともボランティアとも違うのですね。あまり正しく認識されていないように感じます。

そうですね。『そもそもソーシャルビジネスは利益を出してはいけないものだ』と思っている人もいるんです。

でも、それは間違っています。利益を出すからこそ、更にその事業を大きくし、社会問題の解決にインパクトを出せる規模に成長させることができるのです。本当に社会の問題を解決することが目的ならば、利益を出す必要があるんですよね。

もちろん、もし貧困地域の人々の収入を増やすために工場をつくったのであれば、彼らの給料を下げて利益を出すようなことは絶対にしません。それでも利益が出るような値段で購入頂ける商品やサービスを創り出すこと、つまり"マーケティング力"がソーシャルビジネスを生み出す社会起業家に必須の能力となります。


僕も、力をつけてお金を貯めようと思っていました

新卒で商社へ、あの時間は社会にとって損失だった。

社会貢献系の活動をしている学生さんは多いように感じますが、いざ就職となるとまた違う現実があるのでしょうか?

そうですね。社会貢献をしたいと思っていても、いざ現実を目の当たりにしたり、就活になると『まずは自分自身に力をつけよう!』と考えて普通の企業に行ってしまうもの人が非常に多いんですよね。

そうして就いた仕事がそれはそれで面白くなってしまって。結局、「まあ今の仕事も社会の役に立っているし」と自分に言い聞かせて働き続けてしまう。

それが社会にとって大きな損失だと思うんですよね。もし今この時から取り組んでいたら、より早く問題解決に繋がってなっていたかもしれないのです。社会にとってそれは、本当にもったいない。

人材としても大きな損失になってしまうのですね。鈴木さん自身はどのようなキャリアだったのですか?

実は僕も、新卒の時には専門商社に入りました。代表の田口もその会社の同期だったんです。

当時からお互い社会問題に取り組みたい想いがあっても、当時はソーシャルビジネスに専念している会社はなく、自分でお金をためて起業するしかなかったんですよね。面接でも辞めることを宣言していて、それでも入社させてもらえたので、本当に感謝しています。

そうして会社を辞めて起業したのですが、僕たちは外部の出資者からお金を出してもらうことはしませんでした。出資者がいると、彼らの言い分も聞かなければならないですから。ソーシャルビジネスをやりたいのに、外野からとやかく言われたくなかったんですよね。

ご自身の中でも、早くスタートしたいと思いながらもやもやしていたんですね。

今思えば、働いていた二年半の経験は無駄ではないと思います。けれども何も世の中を変えられていないその二年半は、社会からすれば『無駄』な時間だったと思います。

もし就職を決めたタイミングで僕たちにお金があったら、ボーダレス・ジャパンをすぐにスタートさせていたに違いありません。だからこそ、その二年半が社会にとっての損失だと捉えているんです。

起業後も、ボーダレス・ジャパンが会社として成り立つまでに3年くらいかかっていますし、紆余曲折がありました。それももちろん良い経験ではありましたが、結局世の中に何もインパクトを出せていない。だからそれまでの約6年は極論、無駄だったといっても過言ではないと思っています。


お金も、仲間も、事業ノウハウも、最適解を提供できます

大企業に入れば近道だなんて、いつから思うようになったんだろう。

ボーダレス・ジャパンにはどのような人が集まるのですか?

『ここしかない!』と思って受けにくる子が多いですね。

例えば貧困問題を解決したいと考えている今年の新入社員は皆、何らかの形で社会問題に対して衝撃を受け、世界中のNPOやNGO、国際機関等でボランティアやインターンを経験してきています。

その過程で『これで本当に、困っている人々の生活は変わっているのだろうか。もっとちゃんとインパクトを出せる方法がないのだろうか』と全員考えているんですよね。

そしてビジネスこそが最速でインパクトを出せる方法だと見出し、ビジネス能力を身に付けるためにインターンをしたり、現地の人のために実際にビジネスを生み出そうと奮闘してきています。

なるほど。もともと志し高く行動してきた方々が、ソーシャルビジネスに意義を見いだすのですね。

そうなんです。けれどもいざ就職となった時に、なかなかソーシャルビジネスを真剣にやっている企業がない。すぐにでも起業したいけれど、まずは就職してお金を貯めなければいけない、もっと能力をつけておこうと、当時の僕たちと同じように考えています。

そんな中で、最初からソーシャルビジネスに集中でき、しかも自分が解決したい問題に、『自分の創ったビジネスで取り組むことができる会社を見つけてしまった!』とボーダレス・ジャパンに入社してきますね。

『ここしかない!』と思うくらい、魅力的な環境なのですね。

しかしながら、採用媒体で広報をやっていても目に触れないことが多いんです。

というのも目的意識を持ってアクションを起こし続けているので、世間では就活の終わった時期に海外から戻ってきたり、起業をするためにお金を貯めようと決めていて、一般的な就職活動時期より前に就活が終わってたりするんですよね……(笑)。

まさに自分のやりたいことをできる企業があるんだなんて、気づきづらいものですよね。

そうですね。大企業に行くのは、それはまた優秀な人たちの中で仕事ができていいことだとは思いますが、ソーシャルビジネスを志す人にとっては成長速度も方向性も全然違う。僕らのように、間違いなく遠回りになってしまうんですよね。

『本気で解決したい!』と思って駆け抜けてきたのなら、そのまま突入して行くべきですし、それを最速で実現できる場所が、ここボーダレス・ジャパンにあると言いたいです。


求めている人材像が高いのかもしれません

君の輝く場所はある。けれども、僕たちは『覚悟』が見たいんです。

ボーダレス・ジャパンの事業は、響く人にはすごく突き刺さるもののように感じます。けれども採用となるとまた違う視点なのでしょうか?

ボーダレス・ジャパンは、将来『社会起業家』になれるような人を求めています。それは『この社会の問題・この課題を解決するぞ!』と志し突っ走る、転んででも走り続ける抜群の使命感と行動力を持っている人です。

でも、そのような学生さんはなかなかいないんですよね。ボーダレス・ジャパンに興味を持ってくれる学生さんは、社会問題に関して何らかの関わりを持ち、行動し、ソーシャルビジネスについても理解している人が多いのですが……就活タイミングになり、彼らが自分の人生について考えた途端、急に『他人ごと』になってしまうんですよね。

他人ごと、とは?

彼らは国際協力系の活動をしてきていて、その活動自体は非常に素晴らしいです。けれども活動することそのものに満足してしまい、もっとインパクトを出そう、根本的な問題の解決にチャレンジしようとなかなかしないもので。なんだか『他人ごと』としてとらえている気がするんですよね。

もし、自分の家族がそんな状況にあったら、自分の大切な友人がそんな状況にあったら、そのまま放っておけますか?自分の手で何とか変えていかなければならない、自分から『事業を作って現地の人の生活を変えるんだ!』という覚悟ができる人は非常に少ないんです。全身全霊をかけたい、いてもたってもいられない、と前進し続ける人があまりいないんです。

そういった社会起業や世界に目を向けている人は、国際的な機関などを目指すようなイメージがあるのですがどうなのでしょうか?

本気で目指すならいいと思いますよ。けれども『自分の解決したい問題を本当に解決できる環境なのか』ということが重要なんです。

たとば自分がインドにボランティアに行き、チャンドラ君というストリートチルドレンに出会ったとします。彼には親も居ない、自分で物乞いをしながら生きていかなければいけない。

それを目の当たりにした時に、それを変えられるのが巨大な組織である国際機関だと確信できるのであれば良いですが、『本当にそうなのか?』と思うわけですよ。

本当にそうなのか、とは?

目の前のチャンドラ君に真剣に向き合い続ける。彼と同じような境遇にある子供たちの状況を変え続けるという、継続性、スピード、そしてインパクト。実際の状況を変えたいのなら、真剣にこれらを考えるはずなんですよね。

いてもたってもいられない、『早く何とかしたい』と強く想っているのに、巨大組織の中で何を担当できるかどうかもわからない。そういう道を選べるのかということなんです。


最初から成長を約束します

要らないことに頭を使わず、やりたいことに突っ走るんだ。

ソーシャルビジネスを最初からひとりで行う負担も大きいのでしょうか?

多くのソーシャルビジネスがうまくいかない要素というのは様々ありますよね。事業そのもののモデルが良くない、良い人が集まらない、投資資金が足りないなどなど……ビジネスを成功させるには事業そのものだけでなく、人やお金についても多くの課題を乗り越えていかなければならないのですが、それが非常に難しいのです。

ボーダレス・ジャパンは、既にソーシャルビジネスを8事業運営しており、相当な事業ノウハウが蓄積しています。各事業が生み出すキャッシュを投資資金として使える。そして、同じ志を持つ熱い仲間ばかりがいるのです。

その三拍子が揃っているからこそ、社会起業家になるために最速で成長し、自分のソーシャルビジネスを生み出し、徹底的に事業を伸ばし、社会にインパクトを出すことだけに集中できると考えています。

それだけ志を持つ人にとっては充実した環境であるのに関わらず、どうしてうまく伝わらないのでしょうか。

僕の反省としては、今まで『ボーダレス・ジャパンの認知を広める』ということをしていなかったんですよね。採用も順調でしたし、けれども伝わるべき人まで届いていないかもしれないことに気づいたんです。

今就活を頑張っている学生さんはもちろん、これから就活を迎える学生さんにも、ソーシャルビジネスというドメインで抜群に頑張っている会社があるということ、そういう会社がなかなか世の中に存在しないと思うからこそ知ってほしいです。

ボーダレス・ジャパンが本質的なインパクトを出していること、それをものすごいスピードで拡げていこうとしていることを伝えていきたいですね。

解決しなければいけない課題が社会にまだまだあるからこそ、共にインパクトを出せる『志をもった』学生さんに知ってほしいですね。

そうですね。ボーダレス・ジャパンなら、最速で社会起業家になるまでの道を突き進める。そして、実際に自分のソーシャルビジネスを生み出し、社会にインパクトを出せる。本気の仲間たちと共に、志を成し遂げることができますから。本気の人間にとっては、間違いなく最高の環境です!

やりたい人の数だけ事業がある、社会事業家の数だけ事業がある。一個の事業だけで世界を変えることができないからこそ、何百何千という事業が必要なんです。

ボーダレス・ジャパンにあるノウハウを活用し、資金を活用し、メンバーを活用しながら自分の志を成し遂げてほしい。僕たちは一緒に突っ走る仲間を待っています!



【インタビュー:みやけよう

ボーダレスジャパンHP:http://www.borderless-japan.com/
Facebookページ:https://www.facebook.com/borderlessjapan
新卒採用HP:http://www.borderless-japan.com/recruit/fresh2015/

Compass

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Compassの最新情報をお知らせします
image

この記事が気に入ったらいいね!しよう

もっと見る